肥前びーどろショッピングストア|伝統の吹きガラス通販サイト

伝統の手作り宙吹きガラス「肥前びーどろ」の
専門通販サイト【 肥前びーどろショッピング 】

商品検索

ヘッド下部ライン

TOP  >  「ガラス」にまつわる豆知識

「ガラス」にまつわる豆知識

「ガラス」にまつわる豆知識

窓ガラスや食器手作りのガラス工芸品やおもちゃとして知られるビードロなど、今や私たちの身の回りに当たり前のように存在しているガラスは、何からできていて、どのように「ガラス」と呼ばれるようになったかをご存知でしょうか?

ガラスは何でできている?

ガラスは何でできている?

ガラスは、透明で叩くと硬く、それでいて割れやすいといった特徴があり、珪砂(けいしゃ)が主原料となっています。砂をじっくり見た時に見えるキラキラしたものが珪砂と呼ばれるものです。

主原料である珪砂を液状になるまで溶かして成型することで、様々なガラス製品ができあがります。しかし、珪砂には珪酸(SiO2)が含まれており、約1,700℃以上の高温でなければ溶けない性質を持っています。

そのため、一般的には珪砂にソーダ灰(Na2O)を加えて溶けるまでの温度を下げて、さらに水には溶けないよう石灰(CaO)も加えられています。

なぜガラスは液状になる?

ガラスに熱を加えるとドロドロした状態になることは、多くの方がご存知だと思います。それでは、どうしてガラスを熱するとドロドロの液状になるのでしょうか?通常であれば、自然に存在する固体状の物質は、分子が規則正しく並んだ固有の結晶構造を持っています。

しかし、ガラスは不規則に網の目が連なっており、固有の結晶構造を持ちません。こうした構造は「ガラス状態」と呼ばれ、液体に近い性質だと考えられています。そもそも液体は、熱を加えることでドロドロになり、冷やすことで固まる性質を持っているため、固有の結晶構造を持たないガラスと同じような性質といえます。

熱を加えると溶けるガラスは個体ではなく、液体に分類されているのです。

名前の由来はどこからきている?

私たちは何気なく「ガラス」と呼んでいますが、実は古く昔は呼び名に違いがありました。昔はガラスのことをインドから中国を経て伝わった「瑠璃(るり)」や「玻璃(はり)」と呼んでいました。16世紀になってヨーロッパから様々なガラス製品が入ってくると、ポルトガル語では「Vidro(ビードロ)」やオランダ語では「Diamant(ギヤマン)」と呼びはじめます。

今のようにガラスと呼ばれるようになったのはさらに時代を経た後のことで、オランダから伝わった「Glas(ガラス)」という言葉が名前の由来となっています。

普段何気なく使用しているガラス製品。その豆知識を知っていると、次に使う時に少しワクワクしてくるかもしれません。
当社では、佐賀市重要無形文化財にも指定されている肥前びーどろを手作りしています。職人が一つ一つ手作りしたガラス製品は、プレゼントとしても人気のある商品です。通販ページでは、おしゃれグラスや花器など種類豊富にビードロを取り揃えておりますので、様々なギフトシーンにお役立て下さい。

おしゃれな食器やグラスなど、ギフトやプレゼントに人気の手作りビードロを通販で

プレゼントやギフトに手作りビードロを【肥前びーどろショッピング 】 概要

会社名 副島硝子工業株式会社
所在地 〒840-0044 佐賀県佐賀市道祖元町106番地
電話番号 0952-24-4211
FAX 0952-22-6109
メールアドレス info@hizen-vidro.co.jp
URL http://hizen-vidro.shop-pro.jp/
業務内容 硝子食器、硝子瓶等製造
硝子、陶器等卸販売
説明 吹きガラスの食器やロックグラス・ワイングラス・マイカップなどをお探しなら 肥前びーどろショッピングへ。伝統の手作り宙吹きガラス「肥前びーどろ」は結婚式の引き出物やプレゼント・ギフトとして人気があります。ガラス工芸品として評価が高く、佐賀市重要無形文化財にも指定されております「肥前びーどろ」を通販でお求めいただける肥前びーどろショッピングをご利用ください。
ショッピングガイド
メルマガ登録・解除
お問い合わせ
フェイスブックもご覧下さい